組合情報

基本理念

「相互扶助」の職域金融機関として、大阪府警察の福利厚生施策の一端を担い、金融面から組合員の支援を行うことにより、警察活動の推進に寄与することを基本理念としております。

当組合は、大阪府警察職員等のみなさまを組合員とする職域の信用組合です。

沿革

終戦直後の大阪市警視庁(当時)は、警察職員の生活安定と、警察官舎がほとんどなかった警察職員の住居取得のために、「中小企業等協同組合法」(中小零細企業の振興と、勤労者の生活の安定・向上を目的とする。)の「相互扶助」に基づく信用組合を全国の警察に先駆けて設立しました。その後、警察信用組合は警視庁、愛知県警、兵庫県警の順に設立され現在に至っております。

昭和25年7月大阪市警視庁信用組合として設立
昭和29年7月大阪市警察信用組合と改称
昭和30年7月大阪府警察信用組合と改称
昭和54年12月現金自動支払機(CD)稼動
昭和56年6月利用分量配当実施
昭和57年9月曽根崎出張所開設
平成7年11月内国為替取扱開始
平成11年2月CD全国ネットオンライン加入
平成11年4月現金自動預払機(ATM)稼動
平成12年4月郵貯(現ゆうちょ銀行)とCD提携
平成12年7月創立50周年
平成13年12月三井住友銀行とATM提携
平成14年10月新本部庁舎(新店舗)1階で営業開始
平成16年3月預金量1,000億円達成
平成17年5月信用組合共同センター(SKC)加盟
平成17年10月警察学校にATM2台を新設
平成20年8月融資相談室(consulけいしん)を新設
平成21年4月印鑑照会システム導入
平成22年4月独自ドメイン「osaka-keishin.co.jp」取得
平成22年5月曽根崎出張所の店舗改装
平成25年3月警察学校(交野)ATMを廃止し警察学校(りんくう)にATM2台新規設置

このページの先頭へ

営業地区

大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県及び三重県の区域

このページの先頭へ

対象組合員

  • 大阪府警察の職員
  • 営業地区内に勤務する近畿管区警察局の職員
  • 大阪府警察本部関係の外郭団体及びその役職員
  • 組合の役職員

※ただし、前記の退職者は上記営業地区(近畿2府4県及び三重県)内にお勤め、若しくはお住まいの方に限ります。

このページの先頭へ

ディスクロージャー

当組合の経営内容をとりまとめました「ディスクロージャー誌(けいしんの現況)」を作成しております。
ぜひ、ご高覧の上、当組合に対するご理解を深めていただき、より一層のご愛顧を賜りますようよろしくお願いいたします。
ディスクロージャー誌は、店頭に備え付けております。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerはアドビシステムズより、無償で配布されています。

このページの先頭へ

利用分量配当

毎事業年度の決算において剰余金が生じた場合は、利用分量に応じた配当(利用分量配当)を実施し、組合員のみなさまに対し利益を還元しております。
この配当は、法律に基づき信用組合等に認められている制度で、配当率は、事業年度の利益実績によって異なります。
配当金は、毎年6月の総代会において承認された後、みなさまの普通預金に入金いたします。

このページの先頭へ